日本初上陸!! 想いが詰まったパプア政府公認のオーガニックコーヒーが飲めるお店

シェア・送る

パプアニューギニア産のコーヒーを飲んだことはあるでしょうか?

「地球最後の楽園」ともいわれる、インドネシアの東にあるパプアニューギニア。

そのミリンベイ州に農業指導のためにボランディアで2年間行った際、地元の人とつながって信頼を築き、高品質のコーヒー豆を直接輸入しているというお店が、8/17(月)に人形町にオープンしたとのことで、お話を伺ってきました。

farmerscafe_2_001_R
(オープンした場所は、スターバックス人形町店と久松小学校の中間くらいに位置する「農mers Cafe(ノウマーズカフェ)」)

farmerscafe_008_R
(広々とした店内で、インターネットも使えます)

farmerscafe_002_R

farmerscafe_003_R
(お話をお伺いしたのは、オーナーの後藤夫妻。旦那様は、農業歴30年以上)

日本橋新聞
こんにちは! 本日は、どうぞ宜しくお願いします!

早速ですが、他のお店と比べて扱われているコーヒーが違うようですね。その特長はどこにあるのでしょうか?

ホームページには、以下のように記載がありました。

“パプアニューギニアミリンベイ産のコーヒー生産地帯は標高1,000m前後の山岳地域で、十分な降水量と豊かな有機土壌さらには変化の激しい気候により、コーヒーの成長にとって理想的な環境だと言われています。

コーヒー種類もブルーマウンテンと同じティピカ種”

環境と品種の良さが売りなのでしょうか?

後藤夫妻
はい、環境と品種が良いのはもちろんのこと、「手選別」「自家焙煎」も特長です。

「手選別」は焙煎前と焙煎後に行っており、コーヒーの品質や見た目を損なうような豆を取り除いています。

なかなかここまで手間を掛けているところは少ないと思います。

farmerscafe_004_R
(特別に手選別しているところを見せてくださいました)

後藤夫妻
「自家焙煎」に関しても、焙煎してからすぐのコーヒーの方が美味しいので、できるだけ美味しいコーヒーを提供するために、自らの手でこだわりを持って行っています。

farmerscafe_001_R
(店内に置いてある焙煎機)


(コーヒー豆を焙煎している様子)

farmerscafe_006_R
(焙煎後のコーヒー豆。焙煎後に手選別しているので、豆の大きさが統一されています)

日本橋新聞
とてもこだわりを持ってやっていらっしゃるのですね。

パプアニューギニアの「ミリンベイ」と「ゴロカ」は、日本初上陸とお伺いしました。

どうして持ってくることができたのでしょうか?

後藤夫妻
農業指導の為にミリンベイにボランディアで行った際、地元の人たちはコーヒー豆を生産しているのにコーヒーを飲んだことがありませんでした。たまたま持っていった焙煎機で、焙煎したての美味しいコーヒーを飲んでもらいたいと思ったことがきっかけです。

そこで地元の皆様の協力もいただいて、カフェをオープンすることができ、多くの人に味わってもらうことができました。

パプアニューギニアの女性は仕事を持っていない方も多かったのですが、カフェの人気が出たことで多くの雇用に繋がり、女性の社会進出に貢献することもできました。

その結果、社会的なインパクトが大きく、大使館の方が表彰して下さったり、パプア政府公認のコーヒーとして認めて頂くこともできました。

2年経てばボランディアは終わりです。帰る際、地元の皆様から「寂しい」「カフェはなくなってしまうの?」「続ける事はできないの?」という言葉をいただき、「日本でもカフェをやることで、地元で愛されたコーヒーの魅力を日本の多くの方に届けたい。そして、ミリンベイのみんなのことを少しでも支援し続けたい」という想いで、日本でもカフェをオープンすることにしました。

日本にコーヒー豆を持ってくる際には、それまでの信頼があったので、一番良い品質のものを提供して頂くことができました。

farmerscafe_2_004_R

farmerscafe_2_002_R4

farmerscafe_2_006_R

farmerscafe_2_003_R
(パプアニューギニア滞在時の様子。仲の良さが伝わってきます)

日本橋新聞
3種類のコーヒーを販売されていますが、それぞれどんな特長があるのでしょうか?

後藤夫妻
「ジワカ」は少し珍しく、お花のような感じがします。コーヒーっぽくなく、紅茶のように甘い香りがします。

「ミリンベイ」は、スッキリとした味わい。

「ゴロカ」は、甘みがあるしっかりとした味わいです。

値段は、どれも380円から提供させて頂いています。コンビニなどと比べると少し高いのですが、これだけこだわりを持った高品質なコーヒーなので、ぜひ一度味わって頂けると嬉しいです。

また、コーヒー豆の販売や、「ジル スチュアート」などにも採用されたスイーツアーティストHazukiさんのクッキーなども置いているので、ぜひこれらも楽しんでください。

farmerscafe_007_R
(コーヒー豆とスイーツアーティストHazukiさんのクッキー)

 

お店に興味を持った方へのメッセージ

日本橋新聞
最後に、お店に興味を持った方へのメッセージをお願いします。

後藤夫妻
最近、人形町に住むことも決めたので、ぜひ仲良くして頂けますと幸いです。

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

farmerscafe_009_R

―――――――
農mers Cafe(ノウマーズカフェ)

〒103-0006
東京都中央区日本橋富沢町7-1 ザ・パークレックス人形町1F
営業時間:平日朝 8時~15時
HP:http://farmerscafe.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/farmerscafetokyo/
Facebook:https://www.facebook.com/farmerscafemilnebay
―――――――

★日本橋愛に溢れ、ライターとして活躍したい方を募集しています!(謝礼あり)
日本橋新聞は人と人のつながりを創り、幸せに感じる瞬間を増やすことを目指している新聞です。
興味のある方は、SNSでDM、もしくは、お問い合わせフォームよりご連絡頂けますと幸いです。

★日本橋新聞の更新情報を受け取るなら、SNSをフォロー頂けますと幸いです!
・Instagram
https://www.instagram.com/nihonbashi_journal/

・Twitter
https://twitter.com/nihonbashi_jnl

・Facebookページ
https://www.facebook.com/nihonbashijournal/

シェア・送る

あわせて読む