日本橋新聞

日本橋新聞について

「自分の娘に日本橋の魅力をトコトン伝えたい」と想い立ち上げ、この新聞を通じて「人と人のつながりを創り、ちょっとした幸せを感じるキッカケを創る」ことを目指している新聞です。

 

恥ずかしながら、僕自身は、大阪のとある街で育ったのですが、「街の魅力は?」と聞かれても、誰でも知っているような場所しか答えることができず、生まれた街に対してあまり誇りを持てておりません。もちろん、過ごした時間はかけがえの無い時間です。一緒に過ごした友達は大好きです。でも、それだけなんです。

本当は、その街にしかない歴史やお店、人の温もり、人と人のつながりがあるはずなんです。自分が生まれ育った街に対して、こういう気持ちなのはなんか嫌だなぁ、自分の娘にはそういう想いはさせたくないなぁ、自分が生まれ育った街に対して誇りを持って欲しいなぁと思っていました。

娘に街の魅力を伝えるためには、僕自身がもっと街の魅力を知らないといけない。その中でも、特に、住んでいる人・働いている人にフォーカスして魅力を発掘して行きたい。だから、僕自身がその魅力を発掘しに行こう。それを娘に伝えるつもりで記事にして行こう。

そして、コロナにより人間関係が希薄化しつつある昨今、人と人のつながりは「幸せ」を生み出し、とても重要なことだと考えています。

日本橋の街において、「日本橋新聞見たよ」とコミュニケーションのキッカケになり、少しでも多くのつながりを生み出し、一人でも多くの人の幸せに繋がれば幸いです。

 

日本橋愛に溢れライターとして活躍したい方へ
日本橋新聞編集部と一緒に「幸せ」を生み出したい方を募集しています。お問い合わせはこちら

取材について
取材に関して編集者独自の目線で取材させていただいています。
「こちらの取材に来てほしい」というリクエストはどんどんお申し付けください。
時間の許す限りお伺いさせて頂きたいと思います。お問い合わせはこちら

記事について
肖像権の観点から、なるべく個人を特定できるような写真を掲載しないように心掛けています。
万が一写っており、削除を希望される場合は随時対応させていただきます。
お問い合わせはこちら

取材の対象エリアについて
「日本橋人形町」「日本橋馬喰町」「日本橋小伝馬町」「東日本橋」など、東京都中央区の日本橋エリア一帯を、基本的な取材エリアとして考えております。

日本橋新聞 編集部について
日本橋新聞は、日本橋小伝馬町に住む会社員が、本業の合間に手弁当で制作しておりますので、温かい目で見守っていただければ幸いです。